わが家の愛犬

わが家には6歳になるバセットハウンドという愛犬がいます。日本ではあまり馴染みのない犬種なのでどこに連れて行っても「これは何という種類の犬ですか?」とよく聞かれます。そのたびに「バセットハウンドというんですよ。アメリカの靴のメーカーでハッシュパピーってご存知ですか。あのトレードマークになってるんですよ」と言うのが決まり文句です。すると「ああ、見たことある、ある」と納得してくれる方が多いです。中高年の方の中にはご存知の方もいらっしゃって、「コロンボ刑事の相棒犬でしょ」と言われることもあります。あとは、犬種としては知らなくても「漫画に出てきそう」とか「洋画に出てきそう」と言われることがよくあります。

お嬢様酵素 ドンキホーテ

そんなわけで珍しいことと、見るからにユニークな風貌からどこへ行っても注目の的。親バカ心を十分満足させてくれる愛犬です。

小さな子供からは時々「ブルドックだ」と言われ、中学生の子たちからは「でっけぃダックスフンド!」と言われたりもしますが、そんなときにもぐっと押さえて「これはね、バセットハウンドというのよ」と、布教活動に努める私なのでした。