マウスを変えたら調子がよくなりました

ここ数日、パソコンの調子がすこぶる悪かったのですがマウスを昔使っていたパソコンのものと交換したら機嫌がよくなりました。パソコンに詳しい友人に聞いたらパソコンの環境を変えたら?とアドバイスを受けたので、どういう事?と聞いたらOSがどうのこうのと言われて結局分からなかったのです。

それを聞かなかったら私はパソコンの横にサボテンの植木鉢を置いていた自信があります。今は調子がよくなったのでいいですが、知っている人は当たり前の事でも知らない人からしたら環境を変えると言われてもすぐには分からないよなぁ、と一人で思っていました。

まぁ、調子がおかしかったのはマウス操作の時だったのでこれで少し安心です。仕事に使っていないといってもインターネット見る時もマウス操作は必要なので分かって本当によかったです。これでまた調子が悪くなったらその時はその友人を拝み倒して調べてもらおうと思っています。

便利なんですけど、一度調子が悪くなるとなかなか使い勝手が悪くなるので困ったものです。いっそパソコン講座を受けていた方がいいのかな、と思いながらこれを仕事にしているわけではないので結局受ける事はないのだと思っています。クリアネイルショットは楽天で買える?


時間がすごく大切なことが分かってほしい

私は、時間というものをすごく大切に思っています。

というか、ここからここまでのみちのりで、何をどういう順番でこなすのが一番効率がいいかとか、そういうことを常に考えてるタイプの人間です。
だから、明らかに非効率的なことをやられてしまうと、正直いらいらしちゃいます。

パパがそういうタイプで、気になったことからやっていってしまうんですよね。
だから、息子たちにはそうにだけはなってほしくないんです。

だって、効率的に動けば、短時間で物が終わるし、一個余分に用事をこなせるんですよ?

まだ息子は5歳と0歳なので、もちろん効率的にとか言っても分かりません。
でも、時間というものはどれだけ大切かというのは伝えています。

些細なことでも、ちりも積もればで結構大きな差だと思うんですよね。
本当はパパにも言いたいけど、私はパパに何かを伝えるのがへたっぴみたいで。

うまく言えずにけんかになるなら、我慢我慢と思ってしまいます。
パパへの上手な言い方を知ってる方がいたら是非教わりたいです。


シーズンオフの買い物

今日は西松屋に行って子供服を少々購入してきました。西松屋で購入した時のハンガー返却も済ませ、いざ物色!

個人的に、洋服にはあまりお金をかけたくない年頃。若い頃はブランド名が入ってる洋服を何とか自分の予算内で買えるものを探して買ってました。その時もケチだったけど、今はさらに拍車がかかっている。

借金は一度してしまうと減らないので注意が必要かもしれない。借金が減らないと喚いている友達がいっぱい回りにいる。

今はハードオフで100円コーナーで吟味して状態の良い安い服を購入している。他には、ユニクロのシーズン終わりに安くなってるものを探したりとか。自分の体のサイズはSサイズなので、割と160cmの子供服も着れたりするからどんどん物色。いつも300円や500円の服を狙っている。

西松屋だとシーズン終わり頃からだんだん安くなっていき、今日は6月に女児冬物毛糸の短パンが179円!ピンクのトレーナーが199円!パンツの方はちゃんと北欧柄だし、トレーナーは水玉くまさん模様。地味な無地の服が安い時代は終わりましたよ~^^

ただひとつ残念なのは、男児物が若干少なく値引きも少ないこと。ここが改善されれば文句なしの西松屋だね。


私の家にはお花よりも緑の植物が多い理由

我が家には、鉢植えの植物がいくつかあります。個人的にはお花も大好きなのですが、気づいたら緑に囲まれていた……という感じです。

決してまめでもない私が、何とか日々水遣りをし、かれこれ数年以上、植物と一緒に過ごしてこれたのには、大きな理由があります。

それは、『植物の成長を見るのが楽しい』ということです。

確かにお花は大好きで、いただくことがあるとすぐにお部屋に飾り、うっとりと眺めていて、心を和ませる役割としてはある意味、お花の方が植物よりも強い部分があると思います。

しかし一方で、お花はいつか必ず枯れてしまうもの……。

その枯れていく姿を見守る、ということに、さみしさを感じるのも事実です。

また、大好きなお花であればあるほど、「捨て時が分からない」という事態も起こり、「結構枯れているけどなんとなく部屋に飾られている」なんていうことも。

その分、植物は、時折いくつかの葉が枯れることはあるものの、基本的には「成長、成長!」と、ぐんぐん伸び続けていきます。

もう6年以上もの相棒になる、最も古株のポトスちゃんも、四季を通じて葉が多くなる時期、少なくなる時期はあるものの、年中豊かな緑色を見せてくれます。

中には、友達からもらった花束に含まれていた緑の葉を、なんとなく捨てられなくて(花が枯れた後も青々としていたので)植木の土に入れてみたところ、どんどん成長していったツワモノもいます。

それに、緑色って、見ていてなんだか落ち着きますよね。これからも、静かに日々寄り添ってくれる植物たちを、大切にしていきたいと思います。


我が家に猫がやってきた

友だちから猫をもらってくれないかと頼まれました。彼女は野良猫の保護をやっている人で、今回も捨てられていた猫を発見してしまったのでした。彼女の家にはいつも何匹か保護した猫を預かっているのだけど、もうキャパを超えちゃったそう。

猫かあ。いいねえ。私は猫が大好きです。実家にはいつでも猫や犬を飼っていました。だけど結婚してからは動物とは縁がない生活に。今のマンションはペット可能なんだけど、うちのダンナがペット不可なのです。「世話たいへんだろ」「旅行もできなくなるじゃん」「生き物はいつか死ぬからヤダ」。ええ、確かにおっしゃるとおりでございます。私、子供のころトラ坊が死んでペットロスになりかけたことあるしね。

でも困っている友だちも猫もほうっておけません。ダンナと友達を交えていろいろ話し合った結果、とりあえず里親が見つかるまでうちで預かることになりました。そう、一時預かりボランティアです。実は子猫を引き取れるかもしれないという人がいるそうなので、目安は3週間です。

エマーキット 楽天

さて、いよいよその猫がうちにやってきました。おびえているのかキャリーケースの奥にかくれていたけれど、静かに見ないふりをしていたらそろそろと出てきました。ちっちゃいなー。生後半年ぐらいってこんなサイズだっけ?わりとくっきりした錦鯉みたいな三毛猫です。ちっこい生き物がいっちょまえに尻尾をたてて家の中を探検しています。ああなんてかわいいんだろう。猫ってやっぱりいいよなあ・・・

「おい痛い。つめたてるな!」

しかし、突然のダンナの声で我に返る私。なんといつの間にか三毛ちゃんがダンナの足によじ登っているじゃないですか。三毛ちゃんダメだよ、その人は猫苦手なんだから。あわてて猫を引き離そうとしますが、猫、ちっこいくせに意外と強い握力(爪力?)です。「なんだよこれー」ああごめんごめん。今なんとかするからさ。

「すげーかわいいなあ」

は?・・・おそるべしは子猫の魅力。おっさんをなんと5分で陥落させてしまいました。

それからのダンナはかわいいかわいいの連発で、顔がゆるみっぱなしでした。やがて遊びつかれて寝てしまった猫ちゃんの肉球をぷにゅぷにゅしながら、二人で決めました。うちの子にしようって。はい、三毛猫のミッチはこれからずっとうちの子になります。


犬のオナラ

「いぬのきもち」の記事に犬のオナラについて記事が載ってました。

オナラをしてしまった犬の行動っておもしろいみたいです。

自分のオナラにびっくりしてあわてて逃げていく犬もいれば、すまし顔の犬もいる。

うちの犬は、すまし顔派ですね。

出物腫れ物ところかまわずで、よくプーってやってますけど、シレっとしてますよ。

当然、すかしっぺもします。けっこう臭いのですぐわかりますけどね。

空気清浄機もすぐに反応しますし。速効ランプの色が変わりますから。

私の顔をぺロぺロ舐めながら、プーってやった時は、さすがに「そりゃアンタ失礼だろ!!」と思いましたけど(笑)

自分のオナラにはシレっとしてますけど、人間のオナラにはとっても興味があるらしいです。

特に夫のオナラの臭いにはご執心らしいです。

自分のオナラを嗅がせて喜んでいる夫を見ると、面白いやら情けないやらですけどね。

ついさっき「俺のにぎりっぺも好きみたい!」って、嬉々としている姿をみてしまいましたよ。ハハハ。


わが家の愛犬

わが家には6歳になるバセットハウンドという愛犬がいます。日本ではあまり馴染みのない犬種なのでどこに連れて行っても「これは何という種類の犬ですか?」とよく聞かれます。そのたびに「バセットハウンドというんですよ。アメリカの靴のメーカーでハッシュパピーってご存知ですか。あのトレードマークになってるんですよ」と言うのが決まり文句です。すると「ああ、見たことある、ある」と納得してくれる方が多いです。中高年の方の中にはご存知の方もいらっしゃって、「コロンボ刑事の相棒犬でしょ」と言われることもあります。あとは、犬種としては知らなくても「漫画に出てきそう」とか「洋画に出てきそう」と言われることがよくあります。

お嬢様酵素 ドンキホーテ

そんなわけで珍しいことと、見るからにユニークな風貌からどこへ行っても注目の的。親バカ心を十分満足させてくれる愛犬です。

小さな子供からは時々「ブルドックだ」と言われ、中学生の子たちからは「でっけぃダックスフンド!」と言われたりもしますが、そんなときにもぐっと押さえて「これはね、バセットハウンドというのよ」と、布教活動に努める私なのでした。


沖縄2泊3日

この夏に沖縄へ旅行へ行く計画を立てているんだけど、宿泊の場所はどうしようかと検討中です。

せっかくの旅行なので、色々なホテルに泊まりたいですよね。

たとえば一日は那覇市内のシティホテル、二日目は海沿いのリゾートホテルとか。

でもそうするとチェックインやチェックアウトの時間を気にかけないといけないので結構面倒かな。

それで、2日間とも同じホテルにするにしても、那覇市内に二連泊だとちょっとリゾート感を満喫できないし、しかも駐車場の出し入れが

時間制限があるホテルもあるみたいで、やっぱりちょっと不便。

かといって2日間ともリゾートホテルだと、沖縄中を観光しようとすると立地的に不便な気もするし。

そこで、沖縄へよく行く友達に相談してみたら、その友達はいつも一日目にリゾートホテルにして北部中心の観光をして

二日目のホテルは那覇市内にして南部中心の観光をし、二日目の夜にはレンタカーを返却するそうなんです。

そうすることで、最終日は飛行機の搭乗時間ギリギリまでショッピングができて便利だそうです。

やっぱり、旅慣れている人は違うな~


怒鳴ってばっかりです

最近、旦那がイライラしています。

仕事の事でストレスが溜まっているせいか直ぐ怒鳴ります。

先週買い物に出かけたのですが、二人で歩道を歩いていると前から自転車に乗った小学生が来ました。

一瞬、旦那にぶつかりそうになってしまい、

「危ないじゃないか!」と大きな声で怒鳴っていました。

今日は車で出かけたのですが、横道から自転車に乗った高校生が飛び出してきて、私たちの車の前を横切ろうとしました。

旦那はクラクションを鳴らし窓を開け大きな声で、

「どこ見てんだよ!危ないじゃないか。調子こいてんじゃねえぞ、気をつけろ!」

とまあ物凄い勢いで怒鳴りまくっていました。

こうなると次の矛先は私に向けられるんじゃないかと、ビクビクしていました。

予感的中。ドラックストアに立ち寄った時に、荷物の置き方が悪いという理由で怒鳴られました。

確かに言われても仕方ないかなって気がするけど…ちょっと怒鳴りすぎ。

休みの度にこの調子じゃたまらないです。

「触らぬ神に祟りなし」とにかく私はおとなしくしていようと思いました。


近くのパン屋さん

転職してから一年やっと会社での居場所がつかめてきた。同僚のおじちゃんが近くにおいしいパン屋さんがあるよと教えてくれた。行ってみると、いつも賑わっている。

県外からもたくさんのお客さんが来ているようで大盛況だ。いつも買うパンはフランスパン生地で外はカリカリ、中はもっちり感のするパンだ。お菓子パンもいいけど、最近は食用パン。天然酵母らしく店内はかなりいい匂いがする。趣味で始めて今では人気店になっているそうだ。

なんとも羨ましい境遇。パン屋さんと言えば、朝かなりの早起きでハードなイメージだ。でも木曜日から日曜日までと決めているようで、そのやり方も理想的だ。がつがつしてないところがいい。

おばちゃんがいつもにこやかに迎えてくれる。パンの名前は書いてないことが多いので、コミュニケーションで話しかける。ちょっとしたストレス発散になっている。近いのでついお腹がすくと行ってしまう。焼き立てに当たった時はかなりおいしい。パンやさんに借金返済の無料相談をしてみた。そうしたら親身になって答えてくれた。こういうパン屋があるとありがたい。


食欲旺盛なんですけど

ここ最近かなり食べる。太りやすくなったのでやばい。定期的にダイエットしているが、追いついているのか?といってもかなりの量食べている感じではない。しかもジャンクフードやお菓子もだ。なぜ太るのかと考えると、安定剤が原因のように思える。

今まで太った経験はなかった。20代までは高校時代の体型を維持していた。まさか太るとはショックである。老化と言えばそれまでだけど、認めたくない。また食生活を見直して、運動もしてないわけではないので、もう少しセーブしないとデブだけは嫌だ。

毎日山登りをして体力をつけている。ストレスで食べることに走るのかもしれない。一人暮らしでストレス発散しようと思っても話す相手がいない寂しい状況。何か対処せねば、洋服が窮屈だ。比較的ゆったり生活をしているつもりだけど、何かしら訳があるに違いない。また今日からダイエットを始めよう。もう習慣になりつつあるダイエット。まあほったらかしにしない分いいのかもしれない。


門司港への旅行

北九州へ旅行へ行きました。

門司港のレトロとして、とても人気のある観光スポット。

鉄道好きな彼は「九州鉄道記念館」へ行くのが目的。

始めに行ったのはその記念館。

昔の蒸気機関車や様々な電車があった。

まぁ、私にとってはその程度。

彼は、そこら辺の子どものようなキラキラした目でウロウロしている。

これは、私の事なんて忘れている・・・

そう思わずにいられなかった。

だって、私を忘れて二階のフロアの勝手に行ってたんだもの。

「むっ」っとした私に気付いたのか、「ごめん、ごめん」と笑いながら近寄る彼。

その笑顔に免じてゆるしてあげよう。

ワキ脱毛安いってことだって教えてくれたわけだし。ワキ脱毛は前からやりたかったんで、本当に助かっている。

そして、私が行きたかった門司港レトロ。

早く言えば、古い町並みがいい感じな場所。

こんな所をデートしたかったんだ、私。

しかーし、こんな所でも彼は暴走。

レトロなバスに夢中。

どんだけ子ども!

夕方からは彼が調べてくれたケーブルカーに乗って皿倉山へ。

新日本三大夜景を私にプレゼントしてくれた。

ケーブルカーに乗りたかったのがここへ来た一番の理由だという事に私は気づいた。

だけど、キレイな夜景を見せてくれたからいいかな。

乗り物三昧の楽しい旅行でした。


接客業って大変そうだなと思った瞬間

オーダーしてから席につくカフェでの出来事。

ホットコーヒーブラックでと注文したのですが、店員さんが暖かいコーヒーのブラックですね。と言い換えたのではい。と答えて受け取り、レジの前の席に腰かけました。

次にきたお客様はアイスカフェオレと注文するとまた冷たいカフェオレでよろしいですね。

と答えていたので丁寧に言えばそうなるのか。と自然と思っていた。

次にホットミルクと言ったお客様に対して

暖かい牛乳でよろしいですね。と店員が返した時にお客さんが(ホットミルクも暖かい牛乳も一緒でしょ?何?嫌味で言ってるの?)とつっかかったのです。

ま~、メニュー表にはホットミルクで提示されてるけど、そこまで怒る必要あるのか?と思ったのですが、

間違いがあってはいけませんので、すみませんと平謝りしてる店員さん。

丁寧な言い方をしてるのに嫌味かなんて言われたらたまったもんじゃないでしょうね。

言い換えて返されるとカチンときてしまうものなのだろうか。

マニュアルの徹底をしたとしても個人で考え方が違うから難しい問題だな…と思ってしまった。


運動をするということ

身体が重い。そんなに体重が増えたとは思っていないが、どうも体質が変化しているようだ。アラフォーになればそりゃ変わって当たり前かもしれない。

でも妥協はしたくないので、今の体調をキープするために色々やってみることにした。まず運動が完全に不足している。小学生のころから運動はほんとに苦手で子供らしくなかった。外で遊んだ記憶はあるようなないような、冬はほんとに外に出ず、冬眠状態だった。冬になるとマラソン大会がありほんとに嫌だった。

母親は走るのが早かったらしくそこは妹へ遺伝してどんくさい父親を受け継いだようだ。でも7年前にウォーキングにはまってから、運動の良さが少しわかった。ヨガを習いに行ったり、山登りに行ったりもするようになった。オーガニックコスメだって利用するようになった。オーガニックコスメを使う人は大人なんだと思っていたけど、今や普通に30代オーガニックコスメ比較ランキングなどを見ている。やっと大人になったように思う。

でも運動を今までしたことがなかったので、身体の変化についていけない。運動をすれば心拍数が上がり鼓動が早くなるのは当たり前のことだ。でもそれに自分がびっくりしてパニックになる。運動をしなれている人はなんとも思わないのだろうけど、慣れていないためびっくりしてしまう。なんとも情けない。


今日は家族全員お弁当!

今日は土曜日。学校も仕事も保育園も休みだけど、部活に出かける長男のため、そして野外活動に参加する次男のためにお弁当を朝から作った。

そして、ついでに私と一番したの子の分も。

前の日の夜は、あーめんどくさい。土曜日くらい寝かせてくれ~!なんて思っていたけど、休みの日も早起きしてお弁当をつくり、お弁当を持って公園でた~っぷり遊ぶ。

とっても気持ちが良かった!

休みの日は昼ごはん、どーしよ。一日中キッチンにいるんじゃないの?なんて不満ばっかり感じてしまうけど、早起きしてお弁当を作ったお陰で、朝ごはんとお昼ご飯の準備が一度に済んで、子供達も楽しそうでほんとによかった。

暑い暑い夏がやってくる前は、ぐーたらせずに早起きしてお弁当もって公園に出かけよう。前はもっと出かけてたのにな、最近は本当に出かけるのが億劫で休みの日も家でゴロゴロしてることの方が多かったし、気持ちを切り替えるいいきっかけになって良かったなぁ。とつくづく思った。


助けを求める声

チラシ配りのバイトをしていました。とある家のポストに、チラシを入れた時にかすかに女性の声が耳に入りました。助けてぇと叫ぶ声がまた聞こえました。

私は慌てて大丈夫ですか、何かありましたか、と大きな声を出してその家のドアを叩きました。インターホンが見当たらなかったのと、とっさの事だったので。救急車でも呼ぶことになるのではないかという考えもよぎり、携帯の画面はすぐに発信できるように119を押しておきました。

すると、とても驚いたような顔をした女性が玄関を開けて出てきました。なんだか不安になり、大丈夫ですか?助けてと聞こえたのですが。と言うと、家からでてきた人は恥ずかしそうに笑い、すみません、この子と遊んでいたもので。と言うと、刀のようなおもちゃを持った男の子が顔を出しました。

2週間で3キロダイエット

私も二歳の息子がいるので、すごく分かる気がしました。やられ役は、本気で、全力でやります。おかあさんの迫真の演技だったのです。遊びの邪魔をしたのが、申し訳なくなりました。そして、一大事などではなくて、本当に良かったです。


午後の時間に

春風がピューと吹いた休日の午後、サクラも散ってしまうねって外を眺めつつ、ひと息つけるお茶タイムしました。

こういう時に人気があるとかいうどこそこのケーキとか、春スイーツでもあれば極上なんだけどな、なんて思いながら。

コーヒーにはお砂糖なしのミルク入り、午後おそめの疲れた身体と気持ちにはこれくらいの感じが効いてきますね。

気持ちを上げてくれるこのほんのりの苦味はカフェイン、それともポリフェノール?
カップの半分くらいまで飲んでから、やっぱりこれがいいな、こんな癒しがあるなんて自然のめぐみに感謝すべきだねって思いました。

ここぞって気合いをいれなくちゃという時なら、男の人みたいにブラックコーヒーで気どってみましょうか。

お砂糖とミルク入りの甘めよりもキリッとさせてくれそう。これで今日のノルマとも言えるようなこともサクッと完了できるかなと思いました。

ふっと肩の力がぬけたところで夕食のメニュー考えるゆとりも出来たみたい、ジュースや炭酸飲料は喉がかわいたときにいいものですね。


悪の教典を読んで

やっと読みました。面白いと聞いていながら分厚くてなかなか読む機会がなかった本です。伊藤英明さんが主演で映画化し、AKB48が試写会で観覧した事でも話題になっていました。大島優子が始まってすぐ映画館を飛び出し「私はこの映画が嫌いです」と言って、宣伝か?と言われていたので何となく映画の方も見るのを避けていました。

情報番組で何かと取り上げられていたので、主人公が悪い人だという情報は入ってしまっていました。王様のブランチで谷原さんが絶賛していましたが、ノンストップで読み終わってしまいました。上巻は面白いと夢中になったのですが、下巻はあまりに突拍子のない展開に、考え方が古風な私はすごく戸惑いました。

面白い事は間違いないのですが、少しづつ読むのではなく、上下巻共に一気に読む事をお勧めします。集中して読まないと、主人公の人間性に怖くなってしまって、読むのを止めようかなと迷ってしまうので。バトルロワイヤル的な過激さがあるので、年配の方よりは、若い方~40代ぐらい向けだと思います。

この作者は他の本も好評で、お勧めのレビューを書いている人が多いです。悪の教典は小説だと分かっていても主人公とリンクしてしまい、まるで自分が人殺しをした様な気分になり、後味悪く終わってしまいましたが、せっかくなので読んでみようかな。


おしゃれなマスクで風邪予防をする

風邪が流行る季節は、満員の電車に乗るときなどはとても気を使うものです。

もちろん人から風邪をうつされるのは嫌ですし、逆に自分が風邪をひいているときは人にうつしてしまわないかと不安に感じてしまいます。

そんな時には、やはりマスクがかかせません。

マスクは相手から風邪をうつされることも、また自分が風邪をうつすことも防ぐマストアイテムだと私は思います。

昔はマスクといえば、白の布地のマスクが主流でしたが、最近はまるで洋服と合わせることが出来るくらいカラフルなバリエーションの多いマスクがあって、私も日によって気分や洋服に合わせて楽しく色を選んでいます。

おしゃれのための一つの小道具のようになっている気もします。

私のまわりでも、マスクをつけることに抵抗のない人が続々と増えています。顔の約半分を覆い隠せるので息が暖かくなって、冬の寒さ対策にも一役買っています。

マフラーだけでは、なかなか顔までは隠すことが出来ませんし、顔は冷たい風にさらされることも多かったのでマスクは重宝しています。特に湿度の低い季節は、家に帰ったあとは手洗いやうがいも欠かすことが出来ません。

私も風邪をひかないように、予防のための対策をしっかりと行って元気に過ごしたいと思います。